令和元年度 富山西総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 32 59 84 211 257 436 743 757 292
定義:2019年度退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
特徴:当院の入院患者様は、60歳以上の占める割合が77.3%、80歳以上が36.4%と高齢の患者様が多くを占めています。比較的若い世代である40歳代以下は13.7%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 132 2.09 2.63 0 63.08
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 83 30.49 20.84 30.12 84.81
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 51 24.06 13.48 7.84 85.53
050130xx99000x 心不全 49 32.55 17.71 12.24 85.57
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 43 32.3 12.58 20.93 86.33
当院の内科は一般内科、総合内科、腎臓内科(透析)、糖尿病などの診療を中心に行っています。肺炎や心不全、大腸ポリープの治療を多く行っています。高齢者の方も多いため、誤嚥性肺炎の症例数も多く、平均在院日数も長くなっていますが、入院時より退院調整・退院支援を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) - - 5.69 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 - - 5.45 - -
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 - - 5.73 - -
040100xxxxx00x 喘息 - - 6.64 - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.39 - -
当院の小児科は乳児検診、予防接種、小児科一般の診療を行っています。また、食物負荷やアレルギー、発達の相談などの専門外来も行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 82 12.17 10.34 0 54.73
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 51 5 4.85 0 66.25
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 26 2.08 4.25 0 50.31
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 21 3 4.36 0 58.71
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 17 8.59 8.03 0 51.59
当院の外科は、胃・大腸・肝・胆・膵・肛門疾患などの消化器疾患、乳腺疾患、鼡径ヘルニアなどの診療を行っています。当科の特徴として乳癌の手術患者様が多いことです。年間約150例です。大腸がんと乳がんの化学療法を行っている患者様も多くいらっしゃいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 73 31.01 25.94 73.97 82.3
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 46 13.89 19.40 67.39 81.74
160760xx97xxxx 前腕の骨折 20 14.4 5.54 0 61.35
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 12 37.17 15.09 0 70.33
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 10 36.8 18.71 10 75.4
整形外科は運動器の疾患を治療する診療科です。運動器とは骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなります。背骨や骨盤、四肢を主な治療の対象としており、スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などによる打撲、捻挫、転倒による骨折などの外傷や、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチなどの疾患を治療しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 22 10.36 8.71 0 64.18
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 20 2.05 3.10 0 71.25
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 - - 8.42 - -
080150xx97xxxx 爪の疾患 - - 4.77 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) - - 5.41 - -
当院の形成外科は身体に生じた組織の異常や変形、欠損などに対して手術を中心とした診療を行っています。特に眼瞼下垂手術や乳がん手術に伴う乳房再建術を行っています。
また、形成外科の中にリンパ浮腫治療外来を設け治療を行っています。リンパ浮腫には、乳がん・子宮がん・前立腺がんなどにおける手術や放射線治療後の後遺症として起こる続発性リンパ浮腫と、原因不明や先天性の原発性リンパ浮腫があります。生活指導スキンケア・リンパドレナージ・圧迫療法・圧迫下の運動などの従来の保存的治療と、リンパ管細静脈吻合術の外科的治療を組み合わせ、患者さま一人ひとりに適した治療を選択します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 19 16.26 16.13 31.58 70.84
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 12 15.83 7.34 16.67 76.25
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 - - 11.86 - -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) - - 18.81 - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 18.24 - -
当院の脳神経外科は、脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷、てんかんなどの診療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 243 2.33 2.78 0 75.23
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 - - 5.09 - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 - - 7.29 - -
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 - - 6.80 - -
020220xx97xxx0 緑内障 - - 7.53 - -
当院の眼科は、白内障や緑内障をはじめ、糖尿病網膜症や角膜変性症、翼状片などの診療を行っています。特に白内障の治療目的の方が多くいらっしゃいます。クリニカルパスを使用し、効率よく治療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 - - 3.29 - -
当院の皮膚科は、帯状疱疹やじんま疹など皮膚(毛髪、爪も含む)におこるいろんな症状、病気に対する診断や治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 26 6.58 8.52 0 74.35
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 18 5.11 7.07 0 75.44
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 18 2.67 2.49 0 68.61
110080xx03xxxx 前立腺の悪性腫瘍 11 2.91 2.82 0 71.55
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 - - 5.61 - -
当院の泌尿器科は、前立腺肥大や前立腺の悪性腫瘍に対する治療が多く、経尿道的レーザー前立腺切除術、また経皮的放射線治療用金属マーカー留置も行っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 11 5.18 6.21 0 46.82
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 10 4.9 9.71 10 48.4
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 10 7.2 8.65 0 70.6
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 - - 3.13 - -
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 - - 12.29 - -
当院の婦人科は婦人科一般の診察を中心に行っています。子宮脱、子宮筋腫、卵巣腫瘍子宮腫瘍などの手術も行っています。
顔のほてり・のぼせ、汗がどっと出る、不快な症状をお持ちの方、更年期障害、骨粗鬆症の相談もお気軽に受診ください。また出産前までの妊婦健診も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 - - 27 - - 1 7,8
大腸癌 - - 15 - 11 25 1 7,8
乳癌 46 60 12 - - - 1 7,8
肺癌 - - - - - - 1 7,8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者様の数を初発のUICC病期分類別及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリーによって各がんをⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。2019年度に退院した患者様を集計し、集計対象期間中に複数回入院した患者様はそれぞれ集計をしております。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者様を診療した場合やがん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 15.56 53.13
中等症 103 25.13 84.9
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
定義:市中肺炎の定義として、DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が0400080に相当)で、さらにその中でもICD10コードJ13~J18(肺炎連鎖球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。

特徴:市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 61 20.3 78.62 26.97
その他 28 23.96 77.96 17.98
定義:入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。

特徴:脳梗塞患者様の内、発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者様が全体の約68.5%、その他の患者様が31.5%となっています。当院は急性期の患者様の受入と共に、発症後のリハビリ目的の患者様の受入も積極的に行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 142 0.11 1.22 0 64.45
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17 47.06 25.82 76.47 83.53
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 0.92 6.38 0 76.31
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 16.25 36.08 33.33 68.67
K654 内視鏡的消化管止血術 10 2.2 25.5 30 75.7
内科では消化器内科による内視鏡的止血術や内視鏡的ポリープ切除術、胃瘻造設術などを行っています。また、循環器内科によるペースメーカー移植術や経皮的冠動脈ステント留置術も行っています。大腸ポリープはクリニカルパスを使用し、効率よく治療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 54 1 11.94 0 53.59
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 44 0.39 3.64 0 66.39
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 29 1 7.52 0 55.07
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 1.48 6.84 4 70.76
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 16 1 6.56 0 51.38
外科では乳がんの手術が最も多く、次いで腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術、腹腔鏡胆のう摘出術が多くなっています。乳がんの手術は、年間約150例行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 64 3.41 32.17 56.25 81
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 4.32 22.36 76 82.24
K0462 骨折観血的手術(前腕) 23 1.61 17.78 0 61.61
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 11 2.64 23 18.18 64.27
K0821 人工関節置換術(股) 11 1.91 30.36 27.27 76.36
整形外科では上腕、前腕、大腿・下腿の骨折に対する手術が多く、また、人工骨頭挿入術、人工関節置換術(股関節・膝関節)など行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 20 0.05 1 0 71.25
K628 リンパ管吻合術 19 4.53 4.21 0 64.42
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
形成外科では眼瞼下垂症手術が多く、次いでリンパ管吻合、また人工乳房を用いた乳房再建術も行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 0 16.7 10 80.9
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K161 頭蓋骨腫瘍摘出術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
脳神経外科では、頭部外傷後の脳出血に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術や脳動脈瘤頚部クリッピングなどを行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 245 0 1.33 0 75.34
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
眼科では、白内障手術(水晶体再建術)が多く、クリニカルパスを使用し1泊2日の日程で行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 23 1.09 4.83 0 74.7
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 19 0.95 3.21 0 75.58
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 11 0.91 1 0 71.55
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
泌尿器科では、放射線治療を行うための経皮的放射線治療用金属マーカー留置術、頚尿道的レーザー前立腺切除術、膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的尿路結石除去術などを行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 10 0.9 3.6 0 42
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K879 子宮悪性腫瘍手術 - - - - -
婦人科では、子宮脱手術、子宮全摘術、子宮悪性腫瘍手術などを行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こりうる合併症については事前に、可能な限り患者様に説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2020年9月25日
公表